住宅ローン@情報館 | 審査・金利・借り換え・減税・控除など

△ トップページへ戻る

住宅ローンに関する情報をご紹介

「間貸し」で返済負担を軽減する方法とは?

大都市圏のマンションでは、面白い返済計画を実行している人たちがいます。大都市圏、特に東京では、「一軒家」ではなく「分譲マンション」などに住んでいる人が多いですね。分譲マンションは若い世代の人が購入者が多いのですが、「新婚夫婦」のように「2人だけ」の世帯の場合、それほど広い部屋は必要ありませんよね。しかし、いずれ子供が生まれてくることなどを考えれば、「今は2人でも、そこそこ広いマンションを買う」ということも必要になってくるのです。

「そこそこ広いマンションを買う」となれば、それだけ大きな住宅ローンを組む必要がありますし、返済の負担だって大きくなってしまいます。そこで、「間貸し」を活用した返済計画が人気になっているのです。

たとえば、「3LDK」のマンションを購入したとします。入居者は夫婦2人だけです。夫婦2人だけなら「3LDK」は少し広いですよね。そこで、使っていない1つの部屋を他人に「間貸し」するんですよ。もちろん、お互いが日常生活で顔を合わせることはありません。「玄関」も2つありますし、お互いの部屋に通じる「ドア」だってないのです。つまり、総合的には3LDKの物件でありながら、「2LDKと1Kに分かれている」と想像してください。もちろん、「1K」の部屋の方にもトイレやシャワーが付いています。つまり、その1Kを間貸しして、その賃料で住宅ローンを返済するという仕組みなんですね。

そして、子供が生まれて部屋が狭く感じるようになったら、その時点で1Kの入居者と契約を解除し、お互いの部屋をつなぐドアを取り付け、玄関の1つも封鎖します。こうすると「2LDK+1K⇒3LDK」になり、家族が増えても対応できる作りになっているのです。

いかがですか?大都市圏の1Kの部屋であれば、賃料は「5万円以上」は入ってきますよね。特に東京ではもっと高い賃料に設定することが出来るでしょう。この賃料を、住宅ローンの返済に充てることで、返済負担のかなりの部分を軽減することが出来るのです。


<< 住宅ローンの必勝法@人気ランキング >>

1位  【住宅ローン審査速攻承認プログラム】
・元銀行融資担当員が知られざる住宅ローン承認戦略を大公開です!
・銀行に『伝えるべき事、伝えるべきでない事』はお分かりですか?
 それらを知らなければ住宅ローン審査通過を目指すには無謀です!
                                   >> 詳細を見てみる

2位  グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル 【最新版】
・「本当に住宅ローンで困っている方」「本気で住宅ローンのことを知りたい方」
 は必見です!住宅ローンの落とし穴にはまるな!
・22年3月からは更に審査が厳しくなる前に対策をしましょう。
                                   >> 詳細を見てみる

3位  住宅ローン審査基準ガイド
・金融機関の審査基準を満たしていないお客様に、住宅ローンの事前審査通過
 代行システムのノウハウを持って、自力で住宅ローンの事前審査通過を目指
 していただくためのガイドブックです!
                                   >> 詳細を見てみる

▲このページの上部へ