住宅ローン@情報館 | 審査・金利・借り換え・減税・控除など

△ トップページへ戻る

住宅ローンに関する情報をご紹介

「フラット35」とは?

「フラット35」、こちらも最近になって注目されているキーワードですね。住宅ローンの返済金利には、「固定金利型」や「変動金利型」、「固定金利選択型」などの種類がありますが、「フラット35」は、「固定金利型」の一種だと思ってください。

住宅ローンを組む場合、あなた自身の返済能力に応じて「返済期間」を決めるのですが、だいたいどの銀行でも最長は「35年間」になっています。「フラット35」とは、もしあなたが最長の35年ローンを組んだとしても、「35年間の長期間にわたって、金利が固定される」というものです。

長期返済には、「毎月の返済額が少ない」というメリットがあるものの、「あまりにも長期であるため、将来的な返済計画の見通しが悪い」というデメリットもあるんですね。つまり、「この先10年間は大丈夫だろうけど、その後は分からない・・・」ということも考えられますし、ひょっとして、30年後に病気にかかるかもしれません。また、あなたが働いている会社だってどうなるか分かりませんよね。したがって、このような将来不安を少しでも軽減するため、「長期にわたる固定金利にして、毎月の返済金額を明確にする」という目的で「フラット35」が作られたのです。

また、2009年9月現在の日本は、政策金利が「0.1%」と超低金利政策になっていますが、これが将来的に上がることも考えられます。つまり「フラット35」には、「今の低金利の恩恵を将来も受ける」というメリットも隠されているのです。「フラット35」は、いくつかの銀行がそのサービスを提供していますので、一度問い合わせてみることをオススメします。

ところで、以前の住宅ローンには、「35年以上の長期間」に対応していた「2世帯住宅」というものがありましたよね。最近見なくなりましたが、やはり「不人気」、あるいは、負債を子供に押し付ける上での「法律上の問題」があったのでしょうか?


<< 住宅ローンの必勝法@人気ランキング >>

1位  【住宅ローン審査速攻承認プログラム】
・元銀行融資担当員が知られざる住宅ローン承認戦略を大公開です!
・銀行に『伝えるべき事、伝えるべきでない事』はお分かりですか?
 それらを知らなければ住宅ローン審査通過を目指すには無謀です!
                                   >> 詳細を見てみる

2位  グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル 【最新版】
・「本当に住宅ローンで困っている方」「本気で住宅ローンのことを知りたい方」
 は必見です!住宅ローンの落とし穴にはまるな!
・22年3月からは更に審査が厳しくなる前に対策をしましょう。
                                   >> 詳細を見てみる

3位  住宅ローン審査基準ガイド
・金融機関の審査基準を満たしていないお客様に、住宅ローンの事前審査通過
 代行システムのノウハウを持って、自力で住宅ローンの事前審査通過を目指
 していただくためのガイドブックです!
                                   >> 詳細を見てみる

▲このページの上部へ