住宅ローン@情報館 | 審査・金利・借り換え・減税・控除など

△ トップページへ戻る

住宅ローンに関する情報をご紹介

「民間融資」とは?

住宅ローンを組むことが出来るのは、「民間の銀行」だけではありません。「住宅金融公庫融資」や「財形貯蓄融資」、「年金住宅融資」など、公的融資による住宅ローンを利用することも、返済金利の優遇を受ける意味でも大切なことです。しかし、公的融資による住宅ローンを受けるには、様々な「条件」をクリアすることが必要なんですね。ごく一般的な住居を購入するのであれば、公的融資の条件クリアも難しくありませんが、「条件をクリアしていない」や「融資額が足りない」となれば、やはり銀行などの「民間融資」を利用する必要があります。

民間の銀行などが運営している「民間融資」による住宅ローンには、「公的融資ほどの厳しい条件設定がない」という特徴があります。したがって、「ある程度の返済能力」がある人なら、たいていのケースで審査に通るはずです。また、購入する「住居の条件」に関しても、「面積」や「間取り」に制限があるわけではなく、「建築基準法を満たしていれば良い」という、公的融資と比較するとかなり「緩い条件」になっていることが分かります。

返済金利にも様々な種類があります。「固定金利型」や「変動金利型」、「固定金利選択型」などがそうですね。こちらも、あなたの状況と照らし合わせて、最も有利なものを選んでおけばOKです。

民間融資には厳しい条件設定がないため、「まずは銀行に行こう!」と思ってしまいますが、その前に、少し面倒ですが「公的融資の可能性」も考えておきましょう。可能かどうかは分かりませんが、公的融資は返済金利の面で「お得」ですので、「公的融資のみ」、あるいは「公的融資で足りない分を民間融資でまかなう」などの方法を選べば、今後の返済負担もかなり楽になることでしょう。


<< 住宅ローンの必勝法@人気ランキング >>

1位  【住宅ローン審査速攻承認プログラム】
・元銀行融資担当員が知られざる住宅ローン承認戦略を大公開です!
・銀行に『伝えるべき事、伝えるべきでない事』はお分かりですか?
 それらを知らなければ住宅ローン審査通過を目指すには無謀です!
                                   >> 詳細を見てみる

2位  グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル 【最新版】
・「本当に住宅ローンで困っている方」「本気で住宅ローンのことを知りたい方」
 は必見です!住宅ローンの落とし穴にはまるな!
・22年3月からは更に審査が厳しくなる前に対策をしましょう。
                                   >> 詳細を見てみる

3位  住宅ローン審査基準ガイド
・金融機関の審査基準を満たしていないお客様に、住宅ローンの事前審査通過
 代行システムのノウハウを持って、自力で住宅ローンの事前審査通過を目指
 していただくためのガイドブックです!
                                   >> 詳細を見てみる

▲このページの上部へ