住宅ローン@情報館 | 審査・金利・借り換え・減税・控除など

△ トップページへ戻る

住宅ローンに関する情報をご紹介

「変動金利」と「固定金利」

住宅ローンを組む場合、私たちがまず直面する「選択肢」として、「変動金利or固定金利」というものがあります。住宅ローンを組んだなら、当然ですが「返済」する必要がありますし、返済には利息も合わせて支払う必要があるんですね。借入金に対する利息分を「返済金利」と呼んでいますが、住宅ローンによってはこの返済金利が「変動する」、あるいは「固定されている」というものに分かれるのです。

「変動金利」の場合、基準になるのが日銀の決定による「政策金利」です。政策金利は、その時の景気の動向などで変動するため、これに応じてあなたの返済金利も変動するというわけです。一方「固定金利」の場合、こちらはその名の通り「返済金利は最初の契約時から変わらない」というものであり、将来の返済金額を計算しやすいというメリットがあります。

さて、2009年9月現在の日本の経済事情を考えると、「固定金利」にするべきか、あるいは「変動金利」にするべきか、どちらの方が「お得」と言えるでしょうか?

もちろん断定は出来ませんが、やはり「固定金利」の方が圧倒的にお得ではないかと考えられます。というのも、現在の日本の政策金利は「0.1%」と「超低金利政策」になっており、したがって、返済期間はずっとこのレベルに保たれる「固定金利」にした方が、返済の負担が将来的にも少なくて済むというメリットがあるためです。

先ほどの説明したとおり、「固定金利の方がお得だ!」と断言できるわけではありません。将来的に住宅ローン金利がさらに下がることもありますし、また、銀行間の「顧客獲得バトル」を考えれば、さらに金利が有利な住宅ローンが発売されるかもしれません。ですので、色々な銀行や金融機関の住宅ローンの金利を確認して、「あなたに最も有利な金融期間」で、「あなたに最も有利なプラン」はどれなのかを見極め、その上で「固定金利」にするか「変動金利」にするかを決めておきましょう。また、一般的には固定金利の方が「金利が少し高い」ことも考慮しておきたいですね。


<< 住宅ローンの必勝法@人気ランキング >>

1位  【住宅ローン審査速攻承認プログラム】
・元銀行融資担当員が知られざる住宅ローン承認戦略を大公開です!
・銀行に『伝えるべき事、伝えるべきでない事』はお分かりですか?
 それらを知らなければ住宅ローン審査通過を目指すには無謀です!
                                   >> 詳細を見てみる

2位  グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル 【最新版】
・「本当に住宅ローンで困っている方」「本気で住宅ローンのことを知りたい方」
 は必見です!住宅ローンの落とし穴にはまるな!
・22年3月からは更に審査が厳しくなる前に対策をしましょう。
                                   >> 詳細を見てみる

3位  住宅ローン審査基準ガイド
・金融機関の審査基準を満たしていないお客様に、住宅ローンの事前審査通過
 代行システムのノウハウを持って、自力で住宅ローンの事前審査通過を目指
 していただくためのガイドブックです!
                                   >> 詳細を見てみる

▲このページの上部へ